クリスマス特別公演『OTOGIBANASHI』


あらすじ

それは、雪の降るクリスマスの夜でした。

いつもは雪がふらない町ですが、その日は大雪でした。

その日、町の外れの小さな病院で女の子が生まれました。

父親はその子に「雪子」と名付けました。

雪のように白い肌、そしてその日の大雪のように強く育ってほしい、というのが由来でした。

 

父親は、娘を、深く、深く、愛していました。


公演概要

作・演出:岩切亮

出演:松野浩介(初恋タロー)、阿部公平、岩切亮、久間健裕

会場:池袋 GEKIBA

日程:2016年12月23日(金・祝)〜25日(日)

スタッフ

舞台監督:砂山イサヲ(はたれい研究所)

照明:渡辺アムロ

音響:長谷川直

制作:田村晋平

当日制作:村上幸代、菰田葉月

協力:大空一(空模様企画)、桜かおり、志賀てるみ、志田浩貴、下北沢ろくでもない夜


久間の公演こぼれ話

運命の歯車が動きだした……という言葉が最も当てはまる番外公演。

これはENBUゼミ時代に岩切が自主公演用に書いた脚本が元になっていて、当時見た時から僕は「これ劇場でやろうよ」と言い続けていました。ただ上演する為には足りないピースが多くて、どうしよう…と思っていたんですが、それがこうすけさんと巡り合った事であれよあれよと。ホント、縁というのは大切です。

僕ららしさが一番出てる作品なんじゃないですかね。演劇とコントがないまぜになった感じとか。僕らがみんなおじさんになった時にもう一度やりたい作品です。



公演写真